ツアー体験レポート 「カウアイ・エコ・アドベンチャー」

カウアイ島の大空を舞う!

数あるヘリコプターツアーの中でもブルー・ハワイアンを選ぶのは、やっぱり機体がエコ・スターだから!
エコ・スターの広い窓から憧れのナ・パリ・コーストの絶景を拝んできました。

フライト時間は午前をチョイス。以前、ハワイ島でヘリに乗った時に断然早朝のフライトが良いと聞いていたので、カウアイ島でも同じだと思っていたのですが、実はそれは当てはまらないようです。カウアイ島はハワイ島と違い、時間帯に関係なく天気がころころと変わるため、特にこれがお薦めといった時間帯はありません。

■チェックイン 

※現在、チェックインの場所はリフエ空港ヘリポートに変更されています。
お間違えのないようにご注意下さい!

予約したフライト時間は9:30。ブルー・ハワイアン・ヘリコプターズのチェックイン時間はフライトの45分前までと決められています。ということは、8:45までにオフィスへ行かなければ!

集合場所はナウィリウィリ港近くの「ハーバー・モール・ショッピングセンター」内にあるブルー・ハワイアン・ヘリコプターズのオフィスです。駐車場から階段を上り、左に沿って歩いて行くとすぐに見つかるでしょう。初めて行くオフィスだったので場所に少々とまどい、わりとギリギリの時間になってしまいました。できれば前日までに集合場所の下見をしておいた方が良いかもしれません。

そして、オフィスでチェックイン!同時に体重を量ります。体重は予約時にも申告をしますが、念のためといったところでしょうか。ヘリコプターが飛ぶのにはバランスを取るのが大事なため、体重によって座席が決められます。なので予め座席の予約などはできません。
といっても、一緒に予約した仲間同士が離れ離れになる事はまずないと思います。

■準備タイム

ヘリに乗るためのビデオを見ながら注意事項やシートベルトの締め方等を確認します。内容は全て英語ですが、英語不得意の方でも映像を見ながらなので大方理解出来ると思います。

また、ヘリには貴重品やカメラ等は持ち込めますが、バッグなどの荷物はオフィスに預けなくてはなりません。なるべく最初から必要最低限の装備で望んでおけば、後で慌てることもないと思います。


カメラのメモリや電池、細かいものを持ちたい場合はポケットがたくさん付いている服を着て行こう!

ビデオを見終えたら、黄色い救命胴衣を腰に身に着けていよいよ出発!
…と言っても乗り込むのはヘリではありません(笑)
用意してくれてある車で、リフエ空港のヘリポートに向かいます。
なお、ビデオを見る前にトイレは済ませておいた方が無難。

■いよいよヘリに

リフエのヘリポートは小ざっぱりしていました。道に沿って横並びに各ヘリ会社のヘリポートが順番に並んでいるようです。ブルーハワイアンのヘリポートには白屋根の簡易テントが張ってあり、パイプ椅子が並べられています。私達はしばしこの場所で待機。すると、ツアーに出ていた2機がパタパタと音を立てながら戻ってきました。
この青い機体はいつ見てもカッコイイ!


この時、ヘリに乗る順番がスタッフから告げられるので覚えておいて下さいね。1番はパイロットのすぐ隣、2番はその隣、3番は後部座席の一番奥、4番目はその隣…といった並びになっていました。

ヘリからツアー客が降り切ると、給油がはじまります。それが終わったらいよいよ私達が乗り込む番!
私は一番でした。前列の真ん中の席です。ヘリに乗ってシートベルトを締めヘッドフォンを付けスタンバイOK。
パイロットが英語で何やら説明を始めたと思ったら、機体がフワリ。
『もう飛んでる…!!!』
いよいよ空の旅が始まりました。

■フライト前半

リフエ空港、そしてナウィリウィリ港を後にして緑の山の中へ入っていきました。少しの間、ヒダヒダした美しい山々の上を飛びます。この山肌を見ることが出来るのはヘリならではの体験!

私達は山を越えてサウスショア方面へ。遠くの海岸線を眺めながらツリートンネルやハナペペ渓谷上空を通り抜けました。そして、映画「ジュラシックパーク」で使われていた滝へと向かいます。

緑深い場所にその滝はありました。周辺には、ジュラシックパークの滝以外に、幾つもの滝が流れ落ちています。映画のシーンを思い出しながら滝を堪能!憧れの滝を拝むことができて感動しました。写真がうまく撮れず、こちらでご紹介できないのが残念です。

ジュラシックパークの滝を過ぎ、幾つかの山を飛び越えると景色に変化を感じました。緑色だった地上が茶色っぽくなり、次第に赤土が剥き出しになっている場所が増えてきています。空を飛んでいるからこそ見ることができる変化が面白いですね。
この赤土の感じ…!ワイメア渓谷がすぐ近くに迫っているのが実感できます。

そしてワイメア渓谷までやってきました。赤土の壁は迫力満点!雄雄しいです。侵食された山肌と、その岩肌に描かれた縞模様の地層は正に自然の芸術。さすが「太平洋のグランドキャニオン」と言わしめる堂々たる姿でした。

しばらくワイメア渓谷を堪能したヘリは、海岸線に向かって伸びる幾つかの尾根を越えながら、このツアーのハイライト「ナ・パリ・コースト」へ向かいます。一体どんな景色を見せてくれるのか!?期待に胸が膨らみます。

■フライト後半

ナ・パリ・コーストの絶景は言葉で表現するにはおこがましく思えてくる程でした。連なる渓谷と時折顔を見せてくれる白砂のビーチ…神秘的な造詣にただただ息を呑むばかりです。
ここはもう説明なんて必要ありません。それくらい飛びっきりの景色ばかりが目に飛び込んできました。是非ともご自身で実際に体験して下さいね!


絶景のナ・パリ・コーストを越えてしまうと夢のようなツアーもとうとう終りに近づきます。
海岸線を飛びながら目指すは最後の見どころ、ワイアレアレ山。ここは天気が良い時だけ寄ってくれるポイントなので、見ることができて幸運でした!

連なる切り立った山々を抜けて辿り着いたのは、大きな大きな緑色の美しい絶壁でした。ワイアレアレ・クレーターです。一体落差が何メートルあるのでしょうか…。巨大な壁には幾筋もの滝の跡が刻まれています。雨が降れば、きっと至るところに幻想的な滝が現れるのでしょう。

そしてラストはワイルア滝。ワイアレアレの迫力に比べると可愛いなと思ってしまいました(笑)
滝にはそれ程近づくわけではなく、すぐ通り過ぎてしまいます。そうこうしているうちに、リフエ空港が見えてきました。ああ、これで本当に夢のようなツアーが終わってしまうのですね…


写真を撮るのが趣味な方へのワンポイント・アドバイス。
ナパリコーストを特に綺麗に写真に収めたい方は、朝のフライトでは逆光気味になってしまうので注意。窓ガラスに写り込みが生じ綺麗に撮りづらくなります。でもそれ以外の場所での撮影はとても良かったですよ。特にワイアレアレ・クレーターはGOOD!

■ツアー終了

そしてヘリポートに着陸。何だか放心状態です。そんな中、後部座席のお客さんから順番に降りていきます。現実世界に戻ってきてしまいました…。私は夢見心地のままパイロットにチップを渡し、握手&お礼をして機体から出ました。

『素晴しい旅を本当にありがとう!!』

55分の空の旅は本当にあっという間です。もっと長く乗っていたかったなぁ。
解説は英語オンリーでしたが、非常に愉しめて興奮しっぱなしの1時間を過ごすことができました。

私達が地上に降りると、既に次のお客さんがスタンバイしています。今、自分達が行ってきたばかりだというのに、その姿が非常に羨ましく思えました(笑)

すぐに次のフライトが始まってしまうので、ヘリと一緒にのんびり記念撮影とはいきませんが、多少の時間はあると思います。スタッフに写真を撮ってもらっている方もいらっしゃいました。私達は2〜3枚写真を撮った後、戻りました。

事務所では、自分達が乗ったヘリのカメラで撮った映像(DVD)を販売してくれます。もちろん旅の記念に購入!DVDを焼くのに10分程時間がかかると言われたので、オフィス内のグッズなどを見ながら時間を潰しました。
帰国してからDVDを見ると、この時の感動が再び蘇ってきます。

決して安いツアー料金ではありませんが、カウアイ島でのヘリ体験は人生でも心の中に残る素晴しい思い出となっています。
『また乗りたい!』
心底、そう思わせてくれるツアーでした。

                                          

カウアイ・エコ・アドベンチャーの紹介ページに戻る >>>