機種の違い(ECO-STAR/A-STAR)

ブルーハワイアンヘリコプターが従来使用してきた機体は、『空のキャデラック』の愛称を持つA-STAR (Aスター)。そしてブルーハワイアンとAmerican Eurocopter(ヘリコプターメーカー)が5年間かけて共同開発した最新鋭の機体が『ヘリコプターのファーストクラス』と称されるECO-STAR(エコスター)です。

A-STARに比べECO-STARは室内が23%広く窓は更に大きくなり、遊覧に最適のヘリコプターです。そしてECO-STARは住民や自然を楽しむハイカー等にも気を配り、騒音の少ない『環境に優しいヘリコプター』として誕生しました。2億円するECO-STAR(A-STARの約1.5倍)を、A-STARの2割増の料金で体験できます。

上の図からもご覧いただけるように、A-STARのベンチシートに対してECO-STARは各自で席が分かれています。ワイドボディーのECO-STARは『狭いなぁ』と感じさせない広々空間。足元も窮屈ではありません。また窓が大きくなったことで視界もグーンと広がり、写真撮影にもってこいの機体です。『最初は高い料金を払うことをためらったけれど、ECO-STARにして良かった。』と言う感想をよく耳にします。予算が許すのであればECO-STARがお薦めです。